スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後までご覧いただきありがとうございます。
現在ブログを移転しておりますので宜しければ合わせてご覧ください。
新ブログ  『 FXスイングトレードブログ 』


★最新!ストレート通貨と合成通貨の両建てスワップ運用お得度調べ★(H26 12/21)

★最新!ストレート通貨と合成通貨の両建てスワップ運用お得度調べ★
管理人が国内10数社を調べつくした中でのお得口座と通貨ペア
【運用法説明】ストレート通貨と合成通貨を組み合わせ為替変動をヘッジして抑えながらスワップポイントのみ積み立てる、安定した利息収入を目指す資産運用法です。
⇒詳しい解説はこちら
【メリット】
・値動きを気にする必要が少ない
・為替変動を抑えているのでレバレッジを調整し利回りをコントロールできる
・疑似的とは言え両建てなのでポジションを建てる時のレートをあまり気にしなくてよい
いつでもポジションを建てられる(ロスカットライン等の計算が不要)
【デメリット】
・完全な両建ては出来ない
・突発的な値動き、急変動やチョッピーな値動き、業者のバッドティック等のリスク
・業者のスワップの改悪リスク、ストレート通貨と合成通貨側のスワップ逆転のリスク
・金利変動リスク
・他不確定要素によるリスク
口座 使用通貨ペア 両建てに近い取引量 スワップ 差額 最低必要証拠金


NZD/JPY:L
EUR/JPY:S
EUR/NZD:L
・16Lot
・10Lot
・10Lot
・1,584
・-90
・-950
544 1,788,000


NZD/JPY:L
EUR/JPY:S
EUR/NZD:L
・16Lot
・10Lot
・10Lot
・1,360
・-50
・-950
360 約180万
【少額から可能:管理人使用:実践記録
ヒロセ通商
AUD/JPY:L
GBP/JPY:S
GBP/AUD:L
・19Lot
・10Lot
・10Lot
・16.15
・-3.2
・-9.51
34.4 約21万
※最低必要証拠金で運用すると即ロスカットされます。レバレッジは低い程、安心ですのでゆとりを持った運用をしましょう。
ちなみにライブスターFXDMM FXは最小取引単位が1万通貨からと必要証拠金が高くなるので少し両建てではなくなりますがNZD/JPY(L):EUR/JPY(S):EUR/NZD(L)を2:1:1の割合で建てるのも良いかと思います。
スワップの積み立ては早い程、有利です。レートの変動をヘッジしたこのスワップ運用は有効な安定運用法だと思います。検討されている方は上記のメリットとデメリットを十分理解のうえ検討してみて下さい。取引は自己責任でお願い致します。この運用法における損失は一切責任を負いません。
情報の正確性は保証致しかねます。当情報の改変・転載・転用・複製・その他公開は禁止致します。

最後までご覧いただきありがとうございます。
現在ブログを移転しておりますので宜しければ合わせてご覧ください。
新ブログ  『 FXスイングトレードブログ 』


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。