スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後までご覧いただきありがとうございます。
現在ブログを移転しておりますので宜しければ合わせてご覧ください。
新ブログ  『 FXスイングトレードブログ 』


12/9 今日の売買シグナル

ポンド豪ドルの買い【リスク型】を示しました。(シグナルにおける損失は大小問わず一切責任を負いません)私は先ほど15時頃にポンド豪ドルを1.89979で買いました。LION FXの時間成行決済注文で翌5:00に自動決済します。なおこのシグナルは指数から見る、純粋な強弱です。通貨の強弱は刻々と変化し、相場の転換や指標等の内容しだいで強弱の関係が大きく変化し大きな損失を被る可能性があります。一方リスク回避型は豪ドル円の売りを示しています。詳細は続きを読むから。
最後までご覧いただきありがとうございます。
現在ブログを移転しておりますので宜しければ合わせてご覧ください。
新ブログ  『 FXスイングトレードブログ 』


H26 12/9 通貨の強弱指数(15:00現在)
変動率の順位を独自の理論で計算、通貨の強弱を指数化しています。
※合計値が小さい程【買】・大きい程【売】を示します(13~104)
変動率
 順位
年間 月間 週間 日間
(6時間)
日間
(4時間)

合計値
リスク型
順位
指標
イベント
リスク回避型
順位
係数 ×2 ×3 ×4 ×2 ×2
USD 1 1 5 3 6 52 4 2
EUR 7 5 4 2 3 55 5 3
GBP 2 2 2 4 5 36 1 あり
AUD 4 8 8 8 8 96 8 6
NZD 3 7 7 7 7 87 7 5
CAD 5 3 6 6 4 63 6 4
CHF 6 4 3 1 2 42 2 あり
JPY 8 6 1 5 1 50 3 1
合計値が同値だった場合は前営業日の変動率が上位だった通貨を優先する。
シグナルはその日のNYCまで有効です。直近の強弱に重きを置きつつも、
日間~年間までの様々な時間軸の強弱から、総合的な相場の流れ、その日の相場の動きを予想した数値です。
本日の買う通貨・売る通貨の目安としてご利用下さい。
【リスク型とは】指数からみる純粋な強弱順です。1番利幅を狙える可能性がある一方で
経済指標等の内容しだいで大きく損失を被る可能性もあります。
【リスク回避型とは】経済指標がある通貨を除いたうえでの、指数の強弱順です。
絶対ではありませんが、指標等の変動リスクを取り除いています
お好みで参考にして下さい。リスク型、回避型を半々でポジションを建てるのも一考かと思います。
シグナル更新の励みになります。応援クリックお願い致します。➡
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
私は取引にLION FXを使用しています。エントリーは15時頃、決済は1日が終わる翌5時(週末土曜は早めの3時)に時間成行注文で自動決済しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。