スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後までご覧いただきありがとうございます。
現在ブログを移転しておりますので宜しければ合わせてご覧ください。
新ブログ  『 FXスイングトレードブログ 』


2015年の年初の動きはドル買いポンド売り。H27 1月5日:対円での通貨の変動率・騰落率から見る為替予想



前日までの対円での通貨の変動率・騰落率から見る為替予想(1/5)




【年間展望】H27 1/2~の通貨の変動率・騰落率


1.米ドル(+0.63%)
2.円(0%)
3.スイスフラン(-0.07%)
4.ユーロ(-0.14%)
5.豪ドル(-0.31%)
6.NZドル(-0.60%)
7.加ドル(-0.76%)
8.ポンド(-0.98%)


★コメント★
2015年の年初の動きはドル買いポンド売りとなりました。



【月間展望】H27 1/2~の通貨の変動率 ・騰落率


1.米ドル(+0.63%)
2.円(0%)
3.スイスフラン(-0.07%)
4.ユーロ(-0.14%)
5.豪ドル(-0.31%)
6.NZドル(-0.60%)
7.加ドル(-0.76%)
8.ポンド(-0.98%)


★コメント★
年間と同じ



【週間展望】H26 12/29~の通貨の変動率・騰落率


1.米ドル(+0.10%)
2.円(0%)
3.豪ドル(-0.31%)
4.NZドル(-0.72%)
5.加ドル(-1.24%)
6.スイスフラン(-1.32%)
7.ポンド(-1.37%)
8.ユーロ(-1.38%)


★コメント★
ご覧のとおりです。米ドル・円高、欧州通貨安となっています。



【前日展望】H27 1/2前営業日の通貨の変動率・騰落率


1.米ドル(+0.63%)
2.円(0%)
3.スイスフラン(-0.07%)
4.ユーロ(-0.14%)
5.豪ドル(-0.31%)
6.NZドル(-0.60%)
7.加ドル(-0.76%)
8.ポンド(-0.98%)


★コメント★
年間・月間と同じ。東京、欧州序盤までは米ドル・ポンド高・NZドル安の様相でしたが、18:30英)製造業PMIの結果をきっかけに一転しポンド売りの流れにポンドドルは1日で1.61%の大きな下落となりました。


(情報の正確性は保証致しかねます。)




★各スパン(期間)での最大変動率★


【年間】 ポンドドル(GBP/USD:S) 売り  +1.61%

【月間】 ポンドドル(GBP/USD:S) 売り  +1.61%

【週間】 ユーロドル(EUR/USD:S) 売り +1.48%

【前営業日】 ポンドドル(GBP/USD:S) 売り  +1.61%


※それぞれの期間での最大変動率の通貨ペアは、1番大きなトレンドが出ている通貨ペアと解釈することもできます。



2015年の相場が始まりました。来週から本格的な動きになるでしょうか。

どのような展開になるでしょうか?

各通貨動意があり、どの通貨が大きく動いてもおかしくないですね。

一方の通貨が大きく買われ、一方の通貨が大きく売られると、その通貨ペアは大きな変動%になります。
来週は2015年の初動の流れが出る可能性が高いので、次週はしっかり通貨の強弱を見極めたいと思います。

幸先よく2015年の流れを捕えることが出来たらと思います。




1番強い通貨を買い、1番弱い通貨を売りませんか?

業界最多クラス50通貨ペア取り扱い。世界の主要通貨を取引できます。
LION FX 



【関連記事】

・ストレート通貨と合成通貨の疑似両建てスワップ運用を実践中(詳細はこちら)

・通貨の強弱指数による売買シグナルを配信しています(詳細はこちら)

・通貨の強弱・変動率を利用したスイングトレードをしています。(詳細はこちら)




最後までご覧いただきありがとうございます。
現在ブログを移転しておりますので宜しければ合わせてご覧ください。
新ブログ  『 FXスイングトレードブログ 』


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。