スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後までご覧いただきありがとうございます。
現在ブログを移転しておりますので宜しければ合わせてご覧ください。
新ブログ  『 FXスイングトレードブログ 』


トレード部屋・トレードルーム紹介



トレード部屋・トレードルーム紹介


恐縮ですが、私のトレードルームの紹介をしたいと思います。
たいしたものではありません、他のトレーダーのPC環境が気になる方もおられると思いますので参考までに紹介します。

ちなみにFC2無料ブログは2MBまでの画像しかアップロードできない為、画像をかなり圧縮しております(画質悪いです)、また私のトレード部屋は築年数が結構ある実家の一室ですので

とても美しいと言えるトレード部屋では御座いません

その為、お見苦しい点がありますがあらかじめご了承ください。



今申し上げましたが、現在、実家の1部屋(6畳和室)をトレード専用部屋にしています。
こだわりというほどのものではありませんが、

トレードに専念できるようにパソコンと必要なもの以外は一切おいてありません。


自宅だとTVや漫画、食べ物、そして布団など色々な誘惑があり、どうしても怠けてしまいます。

トレードは仕事という意識でメリハリをつけるという意味で、いつかはレンタルオフィスや、1Kを借りてそこでトレードしたいのですが、トレーダーとしてその域にまだ達していないので今は実家です。

自分は集中力がないので、将来は居住空間とトレード部屋は離したいと思っています。
専業になってから家に引きこもりがちになり、私にとっては精神衛生上良くないのでなおさらそう思っています。

こちらは部屋全体の写真。(築年数が古く、見苦しく申し訳ありません)
トレードルーム全体1

反対側の角度から
トレードルーム全体2


6画面対応パソコンを愛用しています。やはり6画面であるとトレードしやすく非常に便利です。
それ以外にもネットサーフィンするとき、ページの比較やウェブページで調べ物をしながらワード文書を書くなど色々な作業をするうえでマルチモニタはとにかく便利です。一度マルチモニタを使用すると戻れなくなると思います。

私は通貨の強弱を判断してトレードするスタイルですので、すべての通貨の全クロスを表示したいので6画面にしておりますが、そこまでは必要ではないとは思います。

ただデイトレをするのではあれば注文用とチャート用にモニタは最低2枚はあったほうが良いように思います。

6画面対応パソコン
6画面パソコン


私はパソコン自作の知識は全くありませんのでBTOで買いました。
色々なBTOパソコンメーカーを見て回りましたが、ここが1番安いかなと思いました。

ドスパラ:マルチパソコン

(追記)
どうやらドスパラのパソコンは現在品切れ中みたいで、こちらもなかなか安いです。
マウスコンピュータ:マルチパソコンicon

パソコン工房【公式通販サイト】のコラボ工房ではデイトレパソコンの訪問セッティングまでしてくれるようです。モニタの取り付け方がわからないとか、パソコンのセッティングに不安がある方は良いかもしれません。


パソコンのスペックに関しては長く使いたいと考えたので、オーバースペックで必要はないとは思いましたが、少しはこだわりたかったので多少は良い物をと思い、CPUやメモリ、SSDとか電源、水冷とかあたりはオプションで良い物にグレードアップしました。


パソコンの動作を少しでも重くしないよう、トレード専用のパソコンなので余計なソフトを入れていないのもこだわりのひとつです。目に負担をかけないよう、画面は暗くし背景色もグレーにしています。
デスクトップ画面
デスクトップ画面


デスクの写真2枚
斜め上から
デスク写真
正面から
デスク写真2


メジャー全通貨のクロスを常に表示し、時折、ウィンドウを切り替えて日経やNYダウなどの株式を表示しています。


取引画面【LION FX
LIONFX取引画面

上から順に

・クロス円
・ドルストレート
・ユーロクロス
・ポンドクロス
・豪ドルクロス
・NZドルクロス
・加ドルクロス
・スイスフランクロス

とシンプルなレート表示ですべての主要通貨ペアを順番に並べています。
もちろんワンクリック注文設定です。


その時1番動いている(変動%)通貨ペアを取引するようにしています。その為、主要通貨すべての組み合わせを取引できる口座(LION FX)は私にとっては欠かせません。


こちらは6画面ウィンドウ全体の画像(見えにくく申し訳ありません)
LION FXチャート
LIONチャートGMMAで通貨の強弱比較


主要通貨のすべてのチャートを表示しています。

通貨の強弱を判断する上で表示しているテクニカルはGMMAです。


もうお分かりですね(^^♪

そうです。

他すべての通貨に対し上昇している通貨が今1番強い通貨。
他すべての通貨に対し下落している通貨が今1番弱い通貨。



になります。なので

GMMAが他すべての通貨できれいに拡散(上昇)している通貨(最強通貨)
GMMAが他すべての通貨できれにに拡散(下落)している通貨(最弱通貨)

を探してその組み合わせを取引するだけです。とても簡単ですね。


ただ相関性の高い通貨、例えば

・米ドルと加ドル
・ユーロとスイスフラン
・豪ドルとNZドル

がありますので、すべての通貨に対してきれいに上昇、下落することはあまりないので

正確にいうと
相関性の高い通貨以外のすべての通貨に対し上昇、下落している通貨の組み合わせを探すだけです。


参考までに上の6画面のウィンドウを表示している時は(H27 6/23 12時前頃)
※↑の画像をクリックしてどの通貨ペアを取引するのが正解か見てみて下さい。
見えないですね・・・・


正解はギリシャの1件もありちょうど、

この時は米ドル買い、ユーロとスイスフラン売りの流れでした。
特にユーロ売りの流れ

上の画像を拡大(ちょっと上の画像と若干時間がずれています)
・米ドル買い
(ドルストレートチャート)
ドル買い
GMMAがすべての通貨に対しきれいに拡散され、米ドルが買われているのが分かるかと思います。

・ユーロとスイスフラン売り
(ユーロクロスチャート)
ユーロ売り
相関性の高い対スイスフラン(右下)を除く、GMMAがすべての通貨に対しきれいに拡散され、ユーロが売られているのが分かるかと思います。
同様に(スイスフランクロスチャート)
フラン売り
相関性の高い対ユーロ(真ん中上)を除く、GMMAがすべての通貨に対しきれいに拡散され、スイスフランが売られているのが分かるかと思います。


なのでこの時の相場の流れであれば

EUR/USD:S
USD/CHF:L


を取引します。

興味のある方は是非、この【LION FXのGMMAチャート】使ってみてください。

モニタの正面にいると結構迫力があり画面のレートやチャートの点滅具合で相場が活況かどうかが伝わってきます。急激に動いた場合も視覚的によく分かります。

ただ目も疲れますが・・・


もしFXでデイトレ・高速スキャルピングをするのであれば

スキャルピング無制限のマトリックストレーダーが良いです。

ドル円のスプレッド(取引コスト)が業界トップクラスでわずか0.3銭。キャッシュバックが適用されると0.27銭ほどになります。驚異的です。(H28.8.3現在)
1銭動くだけで利益になります。新規・決済同時発注機能で成行注文と同時に決済注文を自動で置けるので超高速スキャルピングが可能です。

MATRIX TRADER


あと好きなのが画像にもありますがツイッターとユーチューブです。

ツイッターは色々なトレーダー様のつぶやきが見れ、私としては職場の同僚のような仲間感覚になるので好きです。
あとはユーチューブでBGMを流しています。昔は洒落たジャズなどを流すことが多かったのですが、最近はナチュラルサウンド、(鈴虫の鳴き声・鳥の鳴き声・波の音・川のせせらぎ)など聞くことが多くなりました。

色々な音楽を無料で聞けるのでいいですよ。


ちなみにいつかは高性能ラジオが欲しいな~と思っています。
野球中継とか聞きながらトレードでもなんて考えています。



パソコンの裏側の写真
モニタ背面
【エルゴノミクス:デュアルモニターアームYT-LA010】




モニターアームはこちらのを3本使っています。上の写真のように固定。29インチワイドモニター(重さ約6キロ)を使用しているので、重さに耐えられるかと心配しましたが問題ありませんでした。


モニタの角度を調整している途中、モニタの重さでアームの首の部分が垂れるような感じになりましたが、下の写真のように
モニタ固定

カバーをとって六角レンチで締めると首ふりの固さも調整できしっかり固定できます。
モニタの角度をこまめに調整する場合は緩めれば良いですし、モニタをしっかり固定したい場合はきつく締めれば良いという感じです。

モニタの高さ調整はレバーをゆるめて上下に動かすだけで簡単。しっかりと固定すれば重さで落ちたりすることもありません。
高さ固定


モニタ取り付けも2穴あり
・75㎜×75mm
・100mm×100mm
どちらのタイプのモニタも取り付けできます。
モニタ75と100対応


(後で追記)


次は配線。

汚くてすみません。グチャグチャです。(恥ずかしいので写真小さ目)
配線


雷対策用、雷ガードタップ(高性能雷サージ吸収素子を内蔵した、雷ガードタップ)
雷タップ


節電と万が一、落雷(誘導雷)でパソコンがやられないよう雷ガード付きのタップを使っています。



パソコンデスクの上の写真。
癒しグッズ

マグネットシート

目の為のブルーライトカット眼鏡、電波時計、電卓、メモ書き、通貨のマグネット、あと金運お守りと癒しグッズ(´▽`*)
マグネットは黄色は週間、白は日ベースでの通貨の強弱順(変動率順)に並べています。物はあまり置いていません、シンプルです。


電波時計



FXは経済指標がありますので正確な時刻を刻む電波時計はお勧めです。
壁掛け、卓上どちらでも良かったのですが卓上です。


あと何かと計算することもありますので電卓も置いています。
他の場所で使うわけでもないので、ボタンが押しにくいのは使いづらいので、ボタンが大きく使いやすいものにしています。


温度と湿度を把握、快適さもこだわっています。
(エアコンと加湿器で調整)
温湿計



EMPEX(エンペックス)の湿度計はデザインはともかく精度が高いので好きです。


スチーム式加湿器とほうじ茶用のポット
加湿器と電気ポット




個人的に加湿器はシンプルなスチーム式が好きで、これにしました。値段に対しての加湿性能がありコスパが良いので文句ありません。

スチーム式は
・サイズの割に加湿力が高い
・水を加熱して蒸気を発生する原始的な方法で蒸気が立つので加湿している感があるのと蒸気が過熱されているので衛生的

・ただ消費電力は高い

他の方式が悪いと言っているわけではありませんのであしからず、ハイブリッド式や気化式などの良い製品はこういう点もしっかり考えられて作られていますので。

加湿を始め、15分もすると湿度が50%を超えます。加湿しすぎると窓が曇るほどです。空気が乾燥する冬場は重宝しています。


あとはポットにほうじ茶を入れています。冬場は温まります。
ポットもかなりおすすめ(特に冬)です。ポットに緑茶やほうじ茶のパックと水を入れてコンセントにつなぐだけです。トレード前の日課となっています。電気ケトルも良いですね。私は何杯もお茶を飲むのでまとめて作れるポットを使用しています。

トレードは私の中では仕事と同じ位置づけ(自営業)なので、

トレード中(仕事中)は基本的に飲食禁止

としています。食べると眠くなりますし、ほうじ茶だけ飲んでいます。


あとひとつ余談ですがトレード中は
スーツを着用しています。(本当です)
スーツ


パジャマやスウェットなどのラフな格好をしているといい加減なトレードをしそうな気がするので、これもトレードは仕事というプロ意識を持って相場に臨みたいという自分の考えからです。


小休止用のリクライニング
休憩用

ヒロセのキャンペーンでもらった経済指標カレンダー。
ヒロセカレンダー


こちらはブログ執筆用のノートパソコン
ブログ執筆用



照明は部屋は6畳ですが部屋が明るくなるように8~10畳用のシーリングライトを点けています
シーリングライト


昔はトレードルームっぽく下の写真の間接照明のような暖色系のライトを使っていたのですが、
暖色系


安い照明だったので目にとても悪かったです。
視力は1度悪くなるとなかなか回復しないものなので特に気をつけています。

長時間のトレードの場合、部屋は明るい方が良いと思います。




椅子は合成皮のを使用していたところ、1年くらい経つと表面がひび割れてボロボロになり、床が合成皮の真っ黒いカスだらけになり、今は安物を使用しています。※見た目は本革みたく立派ですが合成皮はあまりお勧めしないです、安物買いの銭失いになります。いつかは本革の椅子が欲しいです。
<その為パソコンチェアの写真はありません>

私は猫背がひどいのと腰痛があるので気になっている椅子が2つあります。

ひとつはモニタアームでも紹介したエルゴノミクスの椅子



もうひとつは

腰や男の大事な部分に負担をかけないというコレ

Hara Chair(ハラチェア)ニーチェ(ネイビー)オフィスチェア オフィスチェアー 高機能チェア 高機能チェアー 高機能 パソコンチェアー デスクチェアー リクライニング ハイバック メッシュ 腰痛 イス 椅子 事務用 回転 チェア (HARAチェアー ハラチェアー)




評判が良いようで気になっています。


疲れたので後日また追記したいと思いますが



私のトレードルームはおおよそこんな感じです。
いかがでしたでしょうか、汚らしい部屋で恐縮ですが以上参考になれば幸いです。



(追記)

さて今日は毎日トレードを四苦八苦しながら頑張っているご褒美として、トレード部屋の紹介記事の方で書いておりました、エルゴノミクスの猫背が良くなる姿勢矯正パソコンチェアを買い、昨日届いたので記事にしました。


↓先ほど組立て完成したので試し座りしてみました
バランスチェア


変わった姿勢なので疲れるかなと思いましたが、少し座ってみての印象は

『思ったより楽』


という感じです。

まだ長時間座っていないので何とも言えませんが初見インプレッションでした(^^♪

長時間座ると膝が痛くなったりするのかな?
ただ膝を外して伸ばせばいいだけですので問題はないとは思いますが。ただ10分座ると膝のあたりが蒸れてきます。笑


ただこれに座るとパソコンデスクの高さが低くなってしまうので、モニタの高さとか調整しないといけませんね。
こっちの方はモニタも多いのでかなり面倒です。


この際なのでパソコン周りを人間工学に基づいた、自分のベストポジションを煮詰めてみようと思います。

毎日何時間もトレードするのであれば、トレードルームの

身体への負担をかけないようなトレード環境(デイトレ環境)作り


はとても大事な気がします。


エルゴノミクスのサイトを見ると


人間工学上、理想の机の高さは、
【机の高さ=身長×0.25-1+身長×0.183-1(cm)】のようです。



デスクワーク中、腰痛や頭痛、肩こり、目の疲れなどある方は机や椅子、モニタなどの高さが自分にあっていないからかもしれません。私は最近特に目の疲れがひどく目がかすむことがあります。ドライアイかな?多分モニタサイズに対してのモニタと目の距離が近すぎるのが原因かと思っています。


正しい座り方などはこちらのページ下部に書いてあります。

→【エルゴノミクスショップ】正しい座り方



トレード以前にまず自分の健康が第1ですのでこのあたりはこだわりたいと思います。土日を使って時間があればちょっと改善しようと思います。




(H28.1.6さらに追記)



トレード環境の構築。デイトレデスク・パソコンデスク(机)はダイニングこたつが良い!



ダイニングこたつ ニトリ



皆さんこんばんは、週末いかがお過ごしでしょうか?


今日はこれはいい!ってものを記事にしてみました。


先月分の利益で、両親の食卓用に普通のこたつではなく、初めてダイニングこたつ(ニ○リで)を買ったのですが、これが思いのほか快適でとても気に入ってしまいました。これは食卓ではなくトレードデスクにも、もってこいだと思います。


長時間デイトレされている方は感じることがあると思うのですが、冬場のトレード中はとにかく身体が冷えます。
私のデイトレ部屋は築50年程の木造住宅の一室でとても寒いです。自身も冷え性体質)


トレード中、エアコンや石油ファンヒーターを入れるのですが、エアコンでは空気が乾燥したり、石油ファンヒーターでは長時間つけると空気がモヤモヤして重くなり換気もちょくちょくしないといけなく、エアコンも石油ファンヒーターもつけっぱなしが苦手で、落ち着かなくこまめにつけたり消したりしています。部屋の空気をあたたかくしても、どこか肌寒い・・・

最近はこのダイニングこたつでトレードしたり過ごすことが多いです。こたつは足元から体の芯が温まるのでデイトレに限らず、ブログ執筆や勉強、読書などものすごく集中できます。


今はダイニングこたつの椅子から動けない状態です^^


次はトレード部屋用に買おうかなと思っています。夏場はこたつ布団を外せば普通のテーブルとして使えますし。
エアコンや石油ファンヒーターの電気代や灯油代などに比べ、ランニングコスト的にも良さそうです。


ダイニングこたつはかなりおすすめしたいアイテムです。トレード机やパソコンデスク・勉強デスクをお探しの方はダイニングこたつを一度お店で体験してみてはいかがでしょうか。



アマゾンではシングルサイズなどもあるようです。

・ダイニングこたつ

山善(YAMAZEN) ダイニングこたつ(80cm正方形) 電子リモコン付 WKH-D80

新品価格
¥21,800から
(2015/12/19 20:45時点)




・ダイニングこたつ用布団

山善(YAMAZEN) ダイニングこたつ用布団(80cm正方形) IC-80WF

新品価格
¥6,193から
(2015/12/19 20:32時点)













最後までご覧いただきありがとうございます。
現在ブログを移転しておりますので宜しければ合わせてご覧ください。
新ブログ  『 FXスイングトレードブログ 』


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。