スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後までご覧いただきありがとうございます。
現在ブログを移転しておりますので宜しければ合わせてご覧ください。
新ブログ  『 FXスイングトレードブログ 』


まだまだ力不足。

あまりテクニカルに囚われすぎずに、もう少しポジション量を減らして、通貨の強弱を見極めつつ、1日かけてポジションをピラミッティングしていくのが自分には合うのかなと思います。

今日はポジション量を減らして臨んだユーロポンドのLとポンドカナダのSが一番利になっています。


ちょっとテクニカルに囚われすぎている部分があるので、次は少し方針を変更して臨みたいと思います。




【トレードの流れとしては】

1日にかけて、通貨の動き(強弱)を見極めつつ、分散してポジションを構築
例えば10万通貨のトレードの場合(例えば3Lot・3Lot・4Lotと分散して売買、その日のポジションを構築)
                  ↓
NY午後、1日の動きがある程度落ち着いたところ(固まってきたところ)で損益にかかわらず決済。
もしくはある程度利が乗れば決済。
                  ↓
損切りは基本しない(ただし資金3%減で強制カット:この幅はまだ未確定)

通貨の強弱と同じく損益をpipsで考えず%で考える。






このトレード方法だと、よほど通貨の強弱の見極めを読み間違えないかぎり、大やけどはしないと思います。




どうせ一生FXするなら早めに良いパソコン環境を。FXデイトレ6画面パソコンがこのお値段で。
icon

FXトレーダーに大人気のモニターアーム








最後までご覧いただきありがとうございます。
現在ブログを移転しておりますので宜しければ合わせてご覧ください。
新ブログ  『 FXスイングトレードブログ 』


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。